手汗をかかない綺麗な手

手汗…医学的には「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と言われるこの症状は、たとえその症状が軽いものであったとしても、本人にとっては大変気になり悩みになるものです。

このサイトに来てくださったあなたも、きっとご自身の手汗について日々、深く悩んできたのではないかと思います。

ここでは、あなたが悩んでいる「手汗=手掌多汗症」についての情報を、原因や改善のポイント、また手汗を抑えるための色々なアプローチ方法に至るまで、様々に取り揃えてお伝えしていきます。

あなたはこのサイトの各ページを読み進めていくだけで、あなたの手汗の改善やコントロールに1歩ずつ近づいているはずですよ。

手汗って本当にストレス!

手にかく汗が多くて困っている

手汗というのは一般的な認知度としては「手に汗をかきやすいってだけでしょ?」というくらいの認識しかもたれないことって多いんですよね。

手汗に悩む本人にしてみるとかなり深刻に悩んでいる人も多いのに、他の人からしてみれば「手汗って悩むほどのことなの?」と思われていることもよくあります。

こうした世間とのギャップも手汗に悩む人にとってはストレスになるのですが、それ以上にストレスになるのはやはり日常生活での「面倒くささ」ではないでしょうか?

手汗に悩む人がよく挙げる悩みの1つに「紙類が湿気る」というものがあります。

これは読んだまま、手汗のせいで取り扱った紙類が湿気てしまう、ということです。

勤めている人であれば大事な書類を湿気させないように、手汗を吸い取るような布手袋が仕事をしている間中、手放すことができない!という人もいます。

学生さんだと、試験や授業中にプリントなどを回す際に、そのプリントが濡れてシワになることでクラスメイトから嫌がられるなんていうこともあるのです。

また最近ではスマホやタブレット端末に手汗がついて、画面をスムーズに取り扱うことができない。

他に電子機器にまつわる話であると、防水仕様のものを買おうとしてしまうので、自ずと「防水加工がないもの」を選択肢から外すことになり、選択肢が狭まってしまうということもよくある話です。

あなたが手汗に悩んでいるのであれば、こうしたストレスを経験したことがあるかもしれませんね。

ちょっと危険なものでは、車のハンドルが手汗で滑ることがよくあるというものあります。

このように、手汗というのは悩みがない人からすると「手汗程度」と言ってしまうことかもしれませんが、実際に悩んでいる人たちからすると相当深刻な悩みになる場合もあるのですね。

手汗を止める方法についてはどのようなものがある?

日常生活でも色々と支障のでてくることがある手汗ですが、現在の医学などで手汗を抑制する方法というのはないのでしょうか?

現状のところ、手汗を医学的なアプローチで止める方法というのがないわけではありません。

ボトックス注射

それはボトックス注射による治療だったり、交感神経を興奮させないような投薬だったり、簡単なものではそうした治療があります。

もっと根本的に手汗を止めたい!という時には、手の神経に脳からの発汗命令を伝えさせないための「交感神経断絶手術」、通称ESTという手術もあります。

ただ注射にしろ投薬については1回の費用もさることながら、通院となるとそれなりに金額がかさんできます。

さらに手術をしようとするとそれはそれで大きな額のお金が必要になりますし、人によっては手術によっておこる「代償性発汗」という副作用のストレスの方が当初の手汗よりひどいものになることもあるので安易には勧められない方法ですね。

手汗の原因としては、体質的に手汗が多くなってしまう原発性の手汗の他にも、精神的な問題が引き金になって手汗を増やしている、もしくは手汗をかきやすい体質を促進させている場合があります。

これは、手汗というのが「交感神経」の興奮(交感神経への刺激)によって出ることと関わっているために起こることです。

けれど、逆に言えば、交感神経の興奮をコントロールすることができれば、ある程度の手汗なら改善することが不可能ではないということにもなります。

手汗をかかせてしまうことに関していえば、交感神経を刺激してしまうのは緊張や不安といった要因なので、こうした刺激を少なくすることができれば手汗の量や回数を減らすことができます。

具体的には、「手汗をかいたらどうしよう」という場面が訪れたときに、少しでも自分自身をリラックスさせられるような訓練ができていれば、緊張や不安による手汗を減らすことができてくるというわけですね。

こうした手汗が出る場面での緊張や不安を少なくしていくには、手汗専用の制汗剤(デオドラント)を利用して、突然の手汗を抑制する方法を持っていると効果的です。

手汗用デオドラント剤

もし予期せぬ出来事(例えばその日、予定なくプレゼンをする必要が出てきたとか、学生さんなら予定のない日に彼氏や彼女と一緒に下校することになった…などですね)で手汗が気になる時も、専用の制汗剤を持っておけば、自分ですぐに処置できるので心配の度合いが異なってきますよね。

現在市場にある手汗専用の制汗剤は、手汗についての使いやすさや抑制効果はもちろんですが、その他にも外出時に誰かに見られても恥ずかしく思わないような「パッケージへのこだわり」もあるので、トイレやパウダールームで気兼ねなく手汗の処置をすることができますよ。

その他にも、手汗をその場で止めるような方法についてはツボがあったり、ちょっとした体の圧迫の仕方があったり、知っておいて損はない情報も、このサイトではご紹介していますよ。

自分の手汗について「原因」は知っておこう

あなたが自分の手汗を気にし始めたのは一体いつ頃からでしょうか?

もしあなたが手汗について「子ども頃は気にしていなかったのに、大人になってから気になり始めたな…」というのであれば、あなたのは1度健診を受けた方が良いかもしれません。

というのも、実は手汗には他の病気によって手汗がひどくなる場合もあるからです。

1部の例を挙げると、糖尿病や自律神経失調症、甲状腺機能亢進症などがあります。

手汗はちっちゃい時から気になってたよ、という人であっても、自分自身の手汗が「手のひらのエクリン腺という汗腺の多さ」によるものなのか、はたまた精神的な不安などが影響をしているのかということはしっかり把握しておく必要があります。

なぜなら、手汗と言えどもしっかり原因がわかっていれば、その原因に合わせて適切な治療や改善方法がみつかるからです。

原因を知らずに自己流で対処をしていると、早期に治療を始めればしんどくなかったものがしんどくなるかもしれませんし、何より間違った対処によって手汗がひどくなるのを避けることができますからね。

少々の風邪だとか頭痛だとか、手汗はいつもの対処法でOKというものでないので、手汗を本当に改善したいというのであれば、1番最初だけでもいいいので、1度は専門家に症状を診てもらっておくことをお勧めします。

他の人は手汗についてどんなことを悩んでいるの?

手汗で悩んでいる人の画像

手汗についての悩みは「他の人にどう思われるかな」と他人の目を気にするところから深まることが多いので、なかなか誰かに率直に悩みを打ち明けられないままでいることが多いとされています。

あなたはあなたの手汗についての悩みを誰かに打ち明けたことはありますか?

現在はこのサイトのように、インターネットを経由して色々な情報を集めることができるので1人でも手汗を改善していくことは難しいことではありません。

しかし、手汗についての悩みに関してはやはり同じ悩みを持っている人の意見や気持ちを知ることって大事。

同じ悩みを抱えている人がいることを知ることで、自分の手汗の悩みに関して「孤独感」を味わうことが少なくなりますし、もしそうした同じ悩みを持つ人と気持ちを共有したり、コンタクトをとることができたりすれば、お互いに手汗の改善に向けて前向きに進むことができるようになりますからね。

同じ悩みを持つ人なんてたくさんいるの?と半信半疑になる人もいるでしょうが、手汗というのは実際には結構悩んでいる人が多い症状なので、同じ悩みを持つ人はたくさんいますよ。

では手汗に悩む人がどんなことに悩んでいるか少しだけご紹介します。

手汗で悩む人が抱きやすい思い

  • 人間関係のコミュニケーションとして「触れ合う」ことを避けたい
  • 書類を回す、扱うということをできるだけ避けたい
  • 手汗について人に知られたくない

さていかがですか?こうした悩みに近いものをあなたも心に抱いていませんか?

手汗の治療について

上でご紹介した「手汗を止める方法」の項目でも少し触れていますが、手汗を改善もしくは止めるために病院で治療を受ける人もいます。

もちろん、病院に行けば専門医がいるので手汗を止めたり改善したりする治療を受けることは可能です。

ただ、手汗というのは「手汗の症状」を診るだけでなく、その人の日常が手汗のためにどのような支障を受けているか、またその人が手汗のためにどんなコンプレックスを感じているかということまでトータルで考える必要があります。

この点において、病院というのは「その症状」と「ピンポイント」で改善させることを優先するので、手汗が止まったことで生じる他の部分への影響についてはフォローがないこともよくあります。

上でご紹介したような「代償性発汗」についても、もし手術で手汗を止めようとした場合、医師はカウンセリングの際に「手汗を止める手術をすれば代償性発汗があること」に関して説明はしてくれるでしょう。

けれども、本当に代償性発汗が日常生活の質を落としてしまうほど出てきてしまった場合、あなたが日常生活でどんなリスクを感じるかということまでは真剣には考えてくれません。

病院での手汗の治療で確かに効果もあって後々のリスクも低いボトックス注射のような治療もありますが(ただボトックス注射は永久の効果ではなく、1回の治療費もそれなりにかかる)、今はまだ永続的に効果のあって低リスクかつリーズナブルな治療というのは確率されていないのが現実です。

手汗の改善に関して大切なのは「何を優先するか」ということ

手をつないでいる画像

このサイトではあなたの手汗を改善するための情報を種々に用意していますが、そうした情報を得たうえで、あなたに何を大切にしてほしいかというと「何を優先するか」ということです。

これはどういうことか?

手汗があなたの生活に影を落としているのは事実だと思います。

けれどきっと24時間ずっと、あなたの手は手汗を流し続けてはいないはずなのです。

というのも、手汗はリラックスしているとき(交感神経が刺激を受けていないとき)は流れたりすることがほぼないのですね。

このことを踏まえると、実際のところ、あなたはご自身の手汗を「出てほしくないときだけ」コントロールできればOKではないか、ということです。

もし手汗を気にする場面で手汗がコントロールできれば、わざわざ手術のリスクを負わなくても痛い注射のリスクを負わなくても日常生活の質を上げることができます。

24時間ず~~~っと手汗を止めることを優先するのか、気になる時だけ改善できれば良いのか…こうした優先度を大切にすると、あなたがどんな方法で手汗と向き合えばよいかきっと見えてくるはずです。

どうかサイトの情報を得ることで、あなたが自分の手汗をコントロールしてより良い毎日を過ごせることを祈っています!!

>>手汗に悩まなくて良くなる<<
>>手汗専用デオドラントランキングはこちら<<